■プロフィール

岡の上の設計やさん

Author:岡の上の設計やさん

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

読書三昧…動物園の鳥 坂木 司(創元推理文庫)
 ひきこもり探偵シリーズはとうの昔に読了しました。3冊、ほぼ一気読み。おもしろかったので。完結、とあったけど、あそこからの新しいスタートもあっていいのでは?と思いました。
 ひきこもり…のフレーズにまずはひかれたかなぁ。本の貸し借りをしている妹に
 「ひきこもり…ってコレ、アンタのことじゃん」 悪かったね、ひきこもりで。
 
 若干、ひきこもり…てしといてよ。しぶしぶ、買い物とか銀行とか、たまに仕事のお使いで出かけるんだからさ。
 
 他人が怖い…てとこは似てるかな~。但し主人公と違うのはお酒が入るといきなりテンションあがること。んで、酔いがさめると一気にテンションが下がって、あ~~!!もう2度と誰とも話しません!会いません!になることかな。
 
 そんなわけで、できたら1人で飲めるバーをさがしてます。天文館とか、ないのかな?ちゃんとシェーカーふるバーテンダーのいる、お一人様OKのお店…。
 
 坂木司は、切れない糸、も読みました。これは続編でないのかな?
 坂木司の作品は登場人物がおしなべてやさしかったり、まぁ普通だったり…とおもっていたら、短劇(光文社文庫)は違ったね。作家っておもしろい。


未分類 | 16:00:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する